2008年07月24日

アトピー性皮膚炎の診断

ユーカリローションが治療の補助として用いられている「アトピー性皮膚炎」について、ご紹介します。

残念ながらアトピー性皮膚炎の本当の原因はわかっていません。
しかし、生活が豊かになり、環境汚染がすすみ、ストレスが多い時代になって増えた病気であることは誰も否定しません。原因追求はもとろん大切ですが、それ以上に悪化させるきっかけ(誘因)をきちんと把握することの方が大切と考えられます。

アトピー性皮膚炎の診断基準(日本皮膚科学会)
@そう痒(かゆいこと)
A特徴的皮疹と分析(どんな湿疹がどこにあるか)
1)皮疹は湿疹病変
  ・急性病変:紅斑、湿潤性紅斑(赤くじくじくしたもの)、
        丘疹(盛り上がったもの)、
        奬液性丘疹(液がしみ出て盛り上がったもの)、
        鱗屑(魚の鱗みたいなかさかさ)、
        痂皮(かさぶた)
  ・慢性病変:浸潤性紅斑、
        苔癬化病変(古くなって少し干からびたもの)、
        痒疹(虫刺され状のもの)、
        鱗屑、痂皮
2)分布(どこにあるか)
  ・左右対側性 好発部位:前額、眼囲、口囲、耳介周囲、
              頸部、四肢関節部、体幹
  ・参考となる年齢による特徴
    乳児期:頭、顔にはじまりしばしば体幹、四肢に下降。
    幼少児期:頸部、四肢屈曲部の病変。
    思春期・成人期:上半身(顔、頸、胸、背)に皮疹が強い傾向。
B慢性・反復性の経過(しばしば新旧の皮疹が混在する)
 :乳児では2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上を慢性とする。
  (赤ちゃんの顔の湿疹が1ヶ月で消えればアトピーとしない)

上記@、AおよびBの項目を満たすもの(かゆみがあって特徴のある湿疹が赤ちゃんで2ヶ月以上、幼児以上では半年以上続けばアトピーと診断する)を、症状の軽重を問わずアトピー性皮膚炎と診断する。そのほかは急性あるいは慢性の湿疹とし、経過を参考にして診断する。

診断の参考項目(これらの項目があてはまらなくてもアトピーと診断できます。)
・家族歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎)
・合併症(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎)
・毛孔一致性丘疹による鳥肌様皮膚(毛孔の部分が少し盛り上がって鳥肌のようになっている)
・血清IgE値の上昇


アトピー性皮膚炎の治療にも使用されているユーカリローションに関してのお問い合わせは、コチラ
posted by ユーカリ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アトピー性皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。