2008年07月31日

アトピー性皮膚炎の診断の手引き

ユーカリローションが治療の補助として用いられている「アトピー性皮膚炎」について、厚生労働省心身障害研究班の手引きよりご紹介します。

1)アトピー性皮膚炎とは
 アトピー性皮膚炎とは、主としてアトピー素因のあるものに生じる、慢性に経過する皮膚の湿疹病変である。このため、本症の診断に当たっては、いまだ慢性経過の完成をみていない乳児の場合を考慮し、年齢に対する配慮が必要である。
※アトピー素因とは、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の病歴または家族歴をもつものをいう。

2)アトピー性皮膚炎の主要病変
@乳児について
a)顔面皮膚または頭部皮膚を中心とした紅斑または丘疹がある。
b)患部皮膚に掻爬痕がある。
※紅斑:赤い発疹、丘疹:盛り上がった発疹、掻爬痕:掻き傷の痕
A幼児・学童について
a)頸部皮膚または腋窩、肘窩もしくは膝窩の皮膚を中心とした紅斑、丘疹または苔癬化病変がある。耳切れが見られることが多い。
b)乾燥性皮膚や粃糠様落屑を伴う毛孔一致性角化性丘疹がある。
c)患部皮膚に掻爬痕がある。
※苔癬化:つまむと硬い、きめの粗い皮膚
 粃糠様落屑:米ぬか様の皮膚の断片

3)アトピー性皮膚炎の診断基準
@乳児について
2)-@に示す病変のうち、a)、b)の双方を満たし、下記に示す皮膚疾患を単独に罹患した場合を除外したものをアトピー性皮膚炎とする。
A幼児・学童について
2)-Aに示す病変のうち、a)、あるいはb)、及びc)の双方、並びに下記のイ)、ロ)の条件を満たし、別に示す皮膚疾患を単独に罹患した場合を除外したものをアトピー性皮膚炎とする。
イ)皮膚に痒みがある。
ロ)慢性(発症後6ヶ月以上)の経過をとっている。

※以下に示す皮膚疾患を単独に罹患した場合はアトピー性皮膚炎から除外する。
1)おむつかぶれ 2)あせも 3)伝染性膿痂疹(とびひ) 4)接触皮膚炎(かぶれ) 5)皮膚カンジダ症 6)乳児脂漏性皮膚炎 7)尋常性魚鱗癬(さめはだ) 8)疥癬 9)虫刺され 10)毛孔性苔癬

アトピー性皮膚炎の方が使っているユーカリローションに関してのお問い合わせは、コチラ
posted by ユーカリ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(1) | アトピー性皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アトピー性皮膚炎 ガイドライン
Excerpt: アトピー性皮膚炎の入浴グッズについてアトピー性皮膚炎の入浴グッズについてアトピー性皮膚炎です湯船で暖まると痒くなるため、何時もシャワーです疲れを取るには湯船につかった方が良いと思いますが・・痒くならな..
Weblog: アトピー・アトピー性皮膚炎情報ブログ
Tracked: 2007-07-01 11:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。