2008年08月25日

皮膚の働き

皮膚は、汗を出して体温を調節したり、痛みや熱さを感じたり、からだを守る防御膜(バリアー機能)として働くなど、さまざまな役割を担っています。
なかでもバリアー機能は大切な働きの1つで、皮膚の病気に深く関わっています。

1.バリアー機能:からだを守るバリアーの働きをしています。そして、うるおいはこの働きに欠かせない大切な要素です。

2.体温調節:汗を出したり、血管を収縮させたりして体温を一定に保ちます。

3.感覚の受容:熱さ、寒さ、痛みなどを感じます。

4.免疫機能:免疫に関わっている細胞があり、細菌や有害な物質の侵入を防いでいます。

5.排泄作用:汗や皮脂を分泌します。

6.個性の判別

7.美容を保つ


皮膚のバリアー機能を助けるユーカリローションに関してのお問い合わせは、コチラ
posted by ユーカリ at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アトピー性皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50257106

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。