2008年06月23日

アトピー性皮膚炎の方のユーカリローションの使用について

ユーカリローションには殺菌作用がありますので、アトピー性皮膚炎の方のかき崩したお肌の状態が感染症などで悪化するのを防ぎ、皮膚全体の抵抗力を高めます。

アトピー性皮膚炎の方が、毎日、ユーカリローションを化粧水のように使い続ければ、お肌はつるつるになってくるでしょう。

アトピー性皮膚炎の方が、ステロイドを使用した治療等で皮膚が硬くなっている場合、ユーカリローションを塗り続けると、少しずつ硬い角質がはがれ落ちてきます。そして下から柔軟性のある健康なお肌が現れてきます。

アトピー性皮膚炎の方が、対症療法によって萎縮したり硬く黒ずんだりした皮膚が、ユーカリローションを塗り続けることで、徐々にやわらかさを取り戻し、色が白くなったという例は多くあります。

ユーカリローションに関してのお問い合わせは、コチラ

2008年06月13日

医療機関で使用されるユーカリローション

ユーカリを主成分にしたローションは、アトピー性皮膚炎の治療等にも使用され、良い結果が報告されています。

愛知県のクリニックでは、ユーカリローションを使用した方へのアンケートを実施したところ、多くの方でお肌が改善したことがわかりました。

ユーカリローションに関してのお問い合わせは、コチラ

2008年06月12日

ユーカリローションの原料「ユーカリ」について その2

ユーカリローションの原料であるユーカリにはいくつかの働きがあります。

1)ユーカリローションの原料であるユーカリは、殺菌、消毒力が非常に強く、皮膚についた細菌や異物を殺菌・消毒してくれます。(2%に薄めたものを空気中に散布すると、室内のブドウ球菌が70%減少したという報告もあるそうです。)

2)ユーカリローションの原料であるユーカリには、抗ウィルス作用があり、炎症を緩和し、粘膜の症状をやわらげます。

3)ユーカリローションの原料であるユーカリには、抵抗力を高め、皮膚をやわらかくする性質もあります。

ユーカリローション」に関してのお問い合わせは、コチラ
posted by ユーカリ at 18:29| Comment(0) | TrackBack(1) | ユーカリとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

ユーカリローションの原料「ユーカリ」について

ユーカリローション」の原料に使われている「ユーカリ」とは、フトモモ科ユーカリ属(Eucalyptus)に属する常緑高木の総称で、ユーカリは500種類もあり、変種も含めると800から1000もの種類になり、コアラの食物として有名です。

「ユーカリ」には、“シトロネラール”・“シネオール”等の精油成分が含まれており、この成分は、殺菌・抗炎症・鎮痛・鎮静作用があるとされ、古くから、オーストラリアの先住民族は傷を癒すのに葉を利用しました。

また、現在ではアロマテラピーのエッセンシャルオイル(精油)などに利用される他、スキンローションや、健康茶等の原料としても利用されています。

ちなみに、オーストラリアの山々には、ブルーマウンテン、ブラウンマウンテン、ブラックマウンテンなど色を表した山があります。

これは山を覆い尽くしているユーカリが放出する、揮発性の高い精油成分が太陽光線に当たり、山々をそれらの色に染める為に、
このような名前がついたと言われています。

ユーカリローション」に関するお問い合わせは、コチラ
posted by ユーカリ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(1) | ユーカリとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

バリアー機能を障害する因子

バリアー機能を障害する因子には室内の温度・湿度、皮膚の過度の摩擦、生活リズムの変調、ストレスなど、さまざまなものがあります。皮膚を清潔に保つためには、皮膚を刺激する原因を取り除くだけでなく、心やからだの健康にも十分気を配ることが大切です。

・室内外の温度・湿度  ・生活用品の中の化学物質  ・紫外線
・石けん・洗剤類  ・皮膚の過度の摩擦(洗いすぎ)
・ストレス  ・室内のホコリ、ゴミ

アトピー性皮膚炎の方も使っているユーカリローションに関してのお問い合わせは、コチラ
posted by ユーカリ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アトピー性皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

スキンケア(3) 異常な皮膚機能の補正

アトピー性皮膚炎の患者さんには様々な皮膚機能異常があり、それらがアトピー性皮膚炎の発症および増悪に深くかかわることが知られています。これらの皮膚機能異常の補正のためには適切なスキンケアが必要です。

@皮膚を清潔に保つ・・・毎日の入浴、シャワー
・汗や汚れは速やかにおとす。ただし、強くこすらない。
・石けん、シャンプーを使用するときは洗浄力の強いものは避ける。
・石けん、シャンプーは残らないよう十分にすすぐ。
・痒みを生じるほどの高い温度の湯は避ける。
・入浴後にほてりを感じさせる沐浴剤、入浴剤は避ける。
・患者あるいは保護者には皮膚の状態に応じた洗い方を指導する。
・入浴後には、必要に応じて適切な外用剤を塗布する。 など

A皮膚の保湿・・・保湿剤
・保湿剤は皮膚の乾燥防止に有用である。
・入浴、シャワー後は必要に応じて保湿剤を塗布する。
・患者ごとに使用感のよい保湿剤を選択する。
・軽微な皮膚炎は保湿剤のみで改善することがある。 など

Bその他
・室内を清潔にし、適温、適湿を保つ。
・新しい肌着は使用前に洗濯する。
・洗剤はできるだけ界面活性剤の含有量の少ないものを使用する。
・爪を短く切り、なるべく掻かないようにする。
 (手袋や包帯による保護が有用なことがある)  など

アトピー性皮膚炎の方が使用しているユーカリローションに関してのお問い合わせは、コチラ
posted by ユーカリ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(1) | アトピー性皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。